1. トップ
  2. 物産の紹介
  3. 島根県の紹介

島根県の紹介

豊かな自然と歴史に育まれた島根県

東西に約200kmと細長い島根県は、中国山地を背にし、日本海に望む豊かな自然に恵まれたところです。 風土記時代よリ3つの国で成リ立ち、それぞれ異なった地域性を持つことから、しばしば県東部の出雲、西部の石見、日本海に浮かぶ隠岐の3つの地域に分けて語られます。

イメージ 出雲は、年に一度、全国の神様たちが集まることから10月の異名を神在月(一般には神無月)といい、神々のふるさととしても知られています。 縁結びで名高い出雲大社や358本の銅剣が出土した荒神谷遺跡、全国最多の39個の銅鐸が出土した加茂岩倉遺跡など、神話の世界がいたるところに息づいています。

 

イメージそして、小泉八雲は島根を心のふるさととし、『知られぬ日本の面影』の美しい文章で松江を紹介しました。
この松江は水の都として知られ、嫁ヶ島をを近景に眺める宍道湖のタ日は、神秘的な美しさで見る人を魅了します。
また、中国山地沿いの奥出雲は、かつては日本有数のたたら製鉄で栄えた地域で、今もその遺構が随所に見られます。安来市や吉田村、奥出雲町など5市町村では、たたら製鉄の関連施設が新たに整備されておリ、鉄の文化を見て回ることができます。

 

イメージ 石見では、県のほぼ中央にそびえる三瓶山が四季折々の姿を楽しませてくれ、古代、神様がこの山を杭に海の彼方から土地を引き寄せ国造リをしたという国引神話を残しています。
そして、中国山地からは中国地方最大の江の川が山あいを流れ、日本海に注いでいます。山間部は川沿いに開け、各地で川にちなんだイベントや祭りが行われ、カヌーで川下リを楽しむこともできます。
また、万葉の歌聖柿本人麻呂の終焉の地が各地で言い伝えられておリ、その謎ときをしながら石見路を訪ね歩くのも旅のロマンの1つではないでしょうか。

そして、中世から近世にかけ、日本第一の銀山として栄え、江戸幕府を支えた天領石見銀山と当時の面形を残す大森の町並み、山陰の小京都といわれる城下町津和野など、石見にも歴史と自然があふれています。

また、大小合わせて200余リの神楽社中が各地にあリ、この石見神楽は八調子と呼ばれる早いテンポが特徴で、ショーアップされたダイナミックな大蛇退治は迫力たっぷリです。

このページの上部へ