1. トップ
  2. 物産の紹介
  3. 匠の技~工芸~

匠の技~工芸~

工芸

イメージ 縄文時代からの遺跡が見られる島根では、古代より連錦とつくられてきた多くのものが、人の手から手へとその技術が受け継がれ、今もつくり続けられています。そして、その伝統を活かしながら新しい製品も次々に生まれています。

現在では土産物として人気の高いペンダントやタイピンなどのめのう製品は、縄文時代から玉製品としてつくられていたといわれ、出雲でつくられた勾玉や管玉は平安時代までは朝廷への献納品でした。そして、同じく縄文時代から石器に使われていた隠岐の黒耀石も、今ではアクセサリーや工芸品などに加工されています。

イメージ 島根県は長い歴史の中で、それぞれに固有の文化が育まれてきました。それだけに古い習俗を大切に伝える所が多く、年中行事や民間信仰に深く関係した張り子の虎や土人形、面、凧などの人形や玩具類が民芸品として現在でもつくり続けられています。

また、江戸時代からの歴史を持つ織物類や染め物、和紙もその伝統的技術が後継者たちによって保存されています。中でも雁皮紙の技術保持者として国の重要無形文化財に指定された故安部榮四郎は出雲民芸紙といわれる独特の手漉き紙を生み出しています。同じく工芸技術として国の重要無形文化財指定の石州半紙は、手漉き紙として高い評価を得ています。

イメージ 茶の湯の文化を今に伝える城下町松江の茶事に欠かせないのが茶碗です。当時から茶道具を中心に焼かれてきた窯元では、現在でもその技を受け継いだ作品が焼かれています。このように焼きものは古い歴史を持つ窯もあれば、石見でつくられる実用陶器や、新しく開窯した作家性を強く打ち出した個性的なものまで、県内各地で作陶されています。

イメージ 奈良・平安時代に始まり、江戸時代に盛んにつくられたのが来待石で細工された出雲石灯ろうです。新しくても古色を感じさせる来待石は、コケがつきやすく庭園などに置くと風情が出るところに特徴があり、関西方面にも多く出荷されています。

近世には、独特な技法によって年月が経つと漆が透明度を増し、描かれている絵が鮮明になってくる八雲塗がつくられ、今も盆や菓子器などがつくられています。また、雲州そろばんも古い歴史を持ち、質の高い高級そろばんとして全国に有名です。

このページの上部へ