繊維

筒描藍染

写真

江戸時代から出雲地方に伝わる筒描藍染は、嫁入風呂敷として作り始められた。 糊で家紋、鶴、亀などを描き、藍で染め、乾燥後、糊を落とし絵模様を浮き出させる。 独特な色調は、洗えば洗うほど鮮明になり、藍の香りに加えて、素朴な文様は庶民的な美しさを感じさせる。

 

主な製品 風呂敷・のれん・テーブルセンター

製造業者

業者名住所電話番号
長田茂伸 〒693-0011 出雲市大津町1109 0853-21-0288



広瀬絣

写真

文政7年(1824年)、長岡貞子が米子の絣の染織技術を習得し、広瀬で広めたのが始まりとされ、広瀬藩の絵師堀江友声の図案で織られた絣も残っている。 独特の型紙を使い、精巧な絵模様を特徴とし、手作りによる素朴で自然な味わいがある。

 

主な製品 着物・布団地・のれん・小物入

製造業者

業者名住所電話番号
天野尚 〒692-0404 安来市広瀬町広瀬968 0854-32-3384
広瀬絣技術保存会 〒692-0404 安来市広瀬町広瀬1858-4 0854-32-3862



安来織

写真

安来織は、絣織から発展したもので、その技法が確立したのは江戸時代だといわれている。 木綿の糸を用い、絣は手ぐくりにして藍で先染めし織り上げたもので、糸は強く洗えば洗うほど絵模様が鮮明になり独自の美しさが出てくる。

 

主な製品 のれん・風呂敷・帯・テーブルセンター

製造業者

業者名住所電話番号
遠藤京子 〒692-0011 安来市安来町1397 0854-22-2578



出雲織

写真

出雲織は絣織から発展したもので、昔からの模様を近代的な感覚に配列しており、その技法は江戸時代に確立された。綿から糸をつむぎ、植物染料で染めた後、織り上げる。飾りとして使用するよりも実用に向いており、洗えば洗うほど独特の深みと美しさが出てくる。

 

主な製品 帯・着尺・テーブルセンター

製造業者

業者名住所電話番号
青戸柚美江 〒692-0023 安来市黒井田町362 0854-22-1182



出西織

写真

技術技法は江戸時代に確立されており、斐川町出西では、昭和30年(1955年)から製造されている。昭和48年からは「藍の発酵建(あいのはっこうだて)」に着手するなど、綿の栽培から仕上げまでの工程のほとんどが手作業で製造されている。

 

主な製品 服地・帯地・テーブルクロス

製造業者

業者名住所電話番号
多々納桂子 〒699-0612 簸川郡斐川町出西3655 0853-72-3120



石見神楽衣裳

写真

石見地方の伝統芸能の一つ「石見神楽」舞踊で用いられる衣装。石見神楽では舞衣と呼ばれる。明治十五年から次第に華美になり、大正期には現在のような金糸、銀糸の豪華絢爛な衣装となった。 金襴や、繻子、黒ビロードの生地に金糸、銀糸で昇り竜や唐獅子、鶴などの刺しゅうを施し、またメッキされた銅板やガラス玉等も生地に一針ずつ丹念に縫い込んでいく。

 

主な製品 石見神楽衣裳(鬼着、水干、陣羽織、鎧、鎧下、袴、打掛、片きり他)

製造業者

業者名住所電話番号
栩木千秋子 〒697-0053 浜田市大辻町75-2 0855-22-0550
川辺志津枝 〒697-0062 浜田市熱田町1224-2 0855-27-0141
日下悟 〒697-0063 浜田市長浜町1419-1 0855-27-0233



 

このページの上部へ