陶器

石見焼

写真

石見焼とは、江津市を中心とした石見地方で焼かれている陶器の総称であり、特に大型の水かめは独特のもので、18世紀の中頃からこの地方で作られている。陶土が良質であるため高温の焼成が可能であり、堅牢で、耐酸、対アルカリ性が高い。それ故、漬物かめとしても全国に名が知られている。平成6年、国の伝統的工芸品に指定されている。

 

主な製品 かめ・すり鉢・傘立

製造業者

業者名 住所 電話番号
石見陶器工業協同組合 〒699-2841 江津市後地町1315 0855-57-0155
雪舟窯 福郷惣作 〒697-0426 浜田市旭町丸原1 0855-45-0036
尾上窯 螺山勝実 〒697-0023 浜田市長沢町259-1 0855-22-6302
吉田製陶所 吉田清和 〒697-0005 浜田市上府町2774 0855-28-2670
石州宮内窯 宮内謙一 〒695-0024 江津市二宮町神主2211-3 0855-53-0304
元重製陶所 元重彰治 〒695-0016 江津市嘉久志町1236-4 0855-52-2927
石州嶋田窯 嶋田孝之 〒699-2841 江津市後地町1315 0855-55-1337
延里窯 今田喜代江 〒694-0473 大田市長久町延里553 0854-84-8303



八幡焼

写真

享保8年(1723年)、富田八幡宮神官竹矢豊前と藩士熊谷由武により創業されて以来、広瀬で制作され、その後藩営となり、萩から陶工を招いて改良が加えられたが、明治以降、民営となり現在の秦家が引き継いでいる。青釉薬を特徴とした食器、花器、茶器を製造している

 

主な製品 茶器・花器・食器・日用雑器

製造業者

業者名 住所 電話番号
秦良次 〒692-0404 安来市広瀬町広瀬99 0854-32-3469



布志名焼

写真

江戸時代の中頃、舩木与次兵衛村政によって開窯された。明治以後、布志名特有の黄釉色絵物全盛の時代となり、国内ばかりでなく海外にまで販路を広げた。 昭和に入ってからは柳宗悦の民芸運動にいちはやく共鳴し、県下の陶芸界にも大きな影響を与えた。

 

主な製品 花器・茶器・酒器・菓子器・日用食器

製造業者

業者名 住所 電話番号
雲善窯 土屋善四郎(幹雄) 〒699-0203 松江市玉湯町布志名428-8 0852-62-0738
雲寅窯 舟木康定 〒699-0203 松江市玉湯町布志名184 0852-62-3830
湯町窯 福間琇士 〒699-0202 松江市玉湯町湯町965 0852-62-0726



御代焼

写真

加茂町の三代の里は、陶土の里として有名であり、松江藩主二代綱隆公によりこの土の真価を見出され、藩の御用土と定められた。この恵まれた陶土を用いて、茶碗、茶器、飾皿などの日用品を製造している。

 

主な製品 茶器・花器・飾鉢

製造業者

業者名 住所 電話番号
舟木哲郎 〒699-1122 雲南市加茂町三代588-17 0854-49-7780



錦山焼

写真

安政元年(1854年)に松平藩の御用商人油屋宗右衛門により創業され、中海(錦海)にちなんで「錦山焼」と命名された。錦山焼の特色は、独特な成型と多種多彩な釉薬の色調とその配色にある。

 

主な製品 日用食器類・茶器・花器

製造業者

業者名 住所 電話番号
中島剛史 〒692-0023 安来市黒井田町1987 0854-22-2627



萬祥山焼

写真

明治5年頃、日野家八代源左衛門が地元の豊富な粘土を使用して焼いたのが始まりであり、来原焼と呼ばれていた。後に大津の森広操軒の命名で「萬祥山焼」と呼ばれるようになった。 茶の道具類が主体であり、酒器、花器などがある。

 

主な製品 茶器・花器・酒器

製造業者

業者名 住所 電話番号
日野勁甫 〒693-0011 出雲市大津町2669 0853-21-0488



楽山焼

写真

江戸時代の初期、延宝年間、萩の陶工、倉崎権兵衛を祖とし、松江藩の御用窯として創業した。 その後、享和元年(1801年)松平不昧公が中絶を惜しみ、名工長岡住右衛門に、再興させ、明治のころから楽山焼と呼ばれるようになった。茶道が主体である。

 

主な製品 抹茶碗・水差・香合

製造業者

業者名 住所 電話番号
長岡住右衛門 〒690-0823 松江市西川津町2512 0852-26-0793



袖師焼

写真

明治10年、初代尾野友市により松江市上乃木の皇子坂に開窯された。三代尾野敏郎は、昭和の初めから柳宗悦の民芸運動に加わり、地元の粘土を用いて、新作の民芸品として日常の暮らしの器物を作るようになった。食器類、酒器、茶器、花器など主として日常家庭用品を製造している。

 

主な製品 日常家庭用品・花器

製造業者

業者名 住所 電話番号
尾野晋也 〒690-0049 松江市袖師町3-21 0852-21-3974



母里焼

写真

弘化元年(1844年)母里藩御用窯として開窯された。稲垣茂平が安政元年(1854年)に従事して以来、現在も明治時代に築かれた登り窯により、日用品を中心とした陶器を製造している。

 

主な製品 抹茶碗・花器

製造業者

業者名 住所 電話番号
稲垣宏 〒692-0207 安来市伯太町東母里1278-3 0854-37-0363



出西焼

写真

昭和22年に窯を開き、以後柳宗悦、河井寛次郎等の指導を受け、県内の伝統的な技法を継承しながら民芸の教えを製法の理念とし、健やかで温かみのある実用の陶器づくりが行われている。

 

主な製品 食器・茶器・花器

製造業者

業者名 住所 電話番号
企業組合出西窯 〒699-0612 簸川郡斐川町出西3368 0853-72-0239



出雲広瀬方円窯

写真

方円窯の名は、創業者の祖父が移築愛用していた茶室・方円庵にちなんでつけられた。特徴は、掻落し、鉄絵粉引青釉などを使用した茶器・花器・食器陶彫である。

 

主な製品 茶器・花器・食器

製造業者

業者名 住所 電話番号
亀尾志郎 〒692-0412 安来市広瀬町下山佐2534-1 0854-32-3933



温泉津焼

写真

温泉津焼は宝永年間(1704年)に始まり、主に「半斗(はんど)」と呼ばれた水瓶を造り、日本各地に出荷し、大いに栄え、一時は衰えたが、その後、窯を再興させての製作活動が行われた。耐火性の高い石見粘土を使用し、さらに高温(1300℃)で焼成するため、硬く焼き上がり割れにくい利点がある。

 

主な製品 日用の和洋飲食器、日用の装飾品(花瓶等)

製造業者

業者名 住所 電話番号
(有)椿窯 荒尾寛 〒699-2501 大田市温泉津町イ-12-2 0855-65-2022
森山窯 森山雅夫 〒699-2501 大田市温泉津町温泉津イ-3-2 0855-65-2420
椿窯  荒尾浩一 〒699-2501 大田市温泉津町温泉津イ-3-4 0855-65-2286



雪舟焼窯元

写真

画聖雪舟の伝統と芸術をよすがとして、昭和24年、益田籠蔵山麓に初代不徹(昭和38年徹に改名)が、雪舟焼窯場を開く。 酸化銅釉の酸化、還元の微妙な具合でできる雲模様、古陶器を偲ぶ寂びた土色の味が特徴的である。

 

主な製品 茶器、花器、食器

製造業者

業者名 住所 電話番号
福郷徹 〒698-0011 益田市染羽町4-29 0856-22-2056



石州亀山焼

写真

浜田城(別名亀山城)にちなんで、「石州亀山焼」と命名。 代表的な技法は掻落しである。また、辰砂、焼き締め、赤流し、青流し、黒釉、白釉、イラボ釉など多彩な釉薬を使い作品づくりを行っている。近年は草花をモチーフにした作品もある。

 

主な製品 花器、茶道具、皿、カップ等

製造業者

業者名 住所 電話番号
佐々木硯城 〒697-0005 浜田市上府町荒相ロ418-1 0855-28-2822



焼火窯

写真

準備中です

 

主な製品 準備中です

製造業者

業者名 住所 電話番号
加藤唐山 〒684-0303 隠岐郡西ノ島町大字美田973 08514-6-1151



このページの上部へ