新着&イベント情報

藍・猫・うつわ -手仕事を繋ぐ4人展- 

(令和2年8月20日(木)~8月31日(月))

主な開催場所島根県物産観光館2階 民工芸品売場

藍・猫・うつわ -手仕事を繋ぐ4人展-

島根県物産観光館2階では、『長田染工場(出雲)』『島根の招き猫工房(浜田)』『陶風舎(松江)』『いまみや工房(松江)』による4人展を開催しています。

“島根の自然・風土の中で生まれた手仕事をまたこれからへと繋ぐ”

そんな想いでつながった4人の作家による、初めてのグループ展です。

それぞれの作品がもつ世界観が重なり、圧巻の空間が出来上がりました。

普段は物産観光館で取り扱いのない作品も多数展示販売いたします。この機会に是非ご覧ください。

 

『長田染工場』長田匡央 氏

藍の濃淡と白のコントラストに筒描で描く「筒描藍染」の技術を使い、独特の世界観を表現しています。今回は、伝統の技から生まれた、より現代的な作品の数々を展示しています。

『島根の招き猫工房』土人形作家 福美 氏

「長浜人形」は江戸時代から島根県浜田市に伝わる土人形です。伝統技法と素材にこだわり、福美さん

がデザインした招き猫は、ひとつひとつ丁寧に時間をかけて作られる贅沢な招き猫です。

フルーツ招き猫など、遊び心いっぱいのかわいらしい猫たちの表情も、ぜひ手に取ってご覧ください。

『陶風舎』松本尚子 氏

土という素材のもつ、不思議・質感・自由さに魅せられて松江市の工房でうつわを作り続けています。

白やカラフルな作品を多く手掛けますが、今回はいつもと違う雰囲気の「新作うつわ」を多く展示し

ています。

『いまみや工房』三島耕二 氏

地元の材料を使い、古代出雲や遠くアフリカの土の匂いに思いをはせながら、手に持つ人の笑顔を思い

浮かべてうつわを作っています。

作品から伝わるぬくもりを、ぜひ手に取って感じてみてください。