島根の物産品特集

島根県には、美しい自然に育まれた豊かな食材と、長い歴史の中で受け継がれてきた独自の文化があります。

島根県出身者の方にとっては、小さいころから慣れ親しんだ郷土の味として。
旅行者の方にとっては、島根を訪れた際にぜひ味わっていただきたい島根の味をご紹介します。

出雲そば

出雲そば

香り高く風味豊か、のどごし最高。

出雲そばの特徴は、まずはその色の濃さ。
そばの実を殻ごと挽くため、やや黒っぽい色をしています。
それだけにそばの風味もしっかりと感じられ、非常に豊かな味わいです。

そばつゆもまた特徴的で、店ごとに味の差はあるものの、全体的にまろやかで甘めのつゆが主流です。
出汁には鰹節、いりこ、あご(飛魚)など、店ごとにそれぞれこだわりの素材を使っています。

地元の人々ももちろん、出雲そばが大好き。
近所のスーパーマーケットで手軽に生蕎麦を購入して、家庭でも楽しみます。
多くの島根県民には好みによって「ここの店のつゆが一番」という贔屓のそば店があったりするものです。

割子(わりご)と釜揚げ

出雲そばの最もポピュラーな食べ方、それは「割子」と「釜揚げ」です。
「冷たいのにする?それともあったかいのにする?」
そば店で大将からそんな声をかけられたら、冷たいのが割子、あったかいのが釜揚げと心得ていただくとよいでしょう。

割子は、朱塗りの丸い器に盛られたそばに刻みねぎ・削り節・もみじおろしなどの薬味を載せ、その上からつゆを回しかけて食べます。

出雲そばの割子

釜揚げは、茹で上がったそばをそば湯ごと器に盛り付け、そこへつゆをかけて食べます。
そばの成分が溶け込んだそば湯はアツアツでトロリと濃厚、健康にも良く、特に寒い冬には身体が温まる食べ方です。

いずれも出雲そばならではの特徴的な食べ方で、島根へ旅行に訪れた際には必ず味わっていただきたい島根の味です。

出雲そばの釜揚げ

しじみ

宍道湖産のしじみ

濃厚な旨味と健康パワーで大注目!

日本有数のしじみの産地・宍道湖で採れる大和しじみは、とにかく大粒で旨味が濃厚。
海水と淡水が混じり合う汽水湖である宍道湖では、絶えず変化する水の塩分濃度に適応するためにしじみが内臓を発達させることで、その旨味成分「コハク酸」が増すのです。

旨味をたっぷり含んだしじみから出る出汁は格別。
味噌汁の具に使えば、しじみのエキスが汁に溶け出して、身体に染み込むような美味しさです。
特に、二日酔いの朝などに身体の調子を整えてくれる効果にも注目が集まっています。

しじみの健康パワーの正体は「オルニチン」。
旨味と健康成分の両方を豊富に含んだ宍道湖しじみは、島根を代表する名産のひとつです。

大粒だからレシピ広がる

しじみと言えば「しじみの味噌汁」にしていただくのが最も一般的ですが、宍道湖産のしじみはなんといってもその粒の大きさが魅力。

大きさ(殻の厚み)によってSサイズから2Lサイズまであり、調理方法に合わせて大きさを選ぶのがよいでしょう。

味噌汁用であれば、Sサイズでも十分。
大粒を購入した場合は、ぜひ酒蒸しや炒めものなどにして、貝の旨味と歯ごたえを楽しんでください。

しじみのレシピ

便利な冷凍・真空パックも

ご家族の健康管理のために、毎朝美味しいしじみの味噌汁が味わえたら理想的。
でも生物だと日持ちが心配ですし、少量だけ使いたいときに不便ですね。

そこでぜひおすすめしたいのが、冷凍しじみ。
生鮮品より風味が劣るかと思いきや、旨味成分は冷凍することで増加するのです。

または常温保存できる、加熱処理済しじみの真空パック商品もおすすめ。これなら手軽にしじみを食卓に取り入れられるので、贈答品にも喜ばれます。

しじみの真空パック

蒲鉾(かまぼこ・野焼き)

蒲鉾(かまぼこ・野焼き)

島根で愛され続ける味、あご野焼。

「あご」とは飛魚のこと。
「あごが落ちるほど美味しい」ことから、あごと呼ばれるようになったという言い伝えもあります。
島根では古くから飛魚を食す習慣があり、刺し身や、すり身を使った蒲鉾、天ぷら、料理のだしなど、様々な方法であごの美味しさを味わってきました。

中でもこの「あご野焼」は、太いちくわのような見た目をしており、島根の食卓に当たり前に並ぶおなじみの食品として、島根県民なら誰しも慣れ親しんだ味です。

香ばしい皮、プリプリとした歯ごたえ、ほのかに鼻を抜ける酒粕の香り。
子どもから大人まで、幅広い世代に愛され続ける山陰の味です。

お茶うけに、酒のつまみに

お茶処で知られる松江などの島根県内各地では、朝食や夕食などの食卓に並ぶのはもちろんのこと、不意の来客があった際のお茶うけなどにも、あご野焼きをサッと切り分けておもてなしすることがよくあります。

また、晩酌のお供にも最高。
酒粕を使っているものが多いため、ビールや日本酒との相性も抜群です。

わさび醤油をつけていただくのもまた美味です。

あご野焼き

気の利いた季節商品も

おみやげにも大変喜ばれるあご野焼ですが、ちょっとした使い物や大切な方への贈答品にもおすすめです。

例えば春の季節には、桜の名所・雲南市木次町の桜の花を塩漬けにしたものを練り込んだ「桜かまぼこ」入のギフト商品を贈るのも素敵ですね。

県外の方にとっては「飛魚のかまぼこ」自体珍しいものなので、贈り物にもぴったりです。

あご野焼き桜セット

和菓子

和菓子

全国有数の和菓子処・松江

江戸時代から城下町松江で発展した茶の湯の文化。
当時の松江藩七代藩主、松平不昧公が築き上げた「不昧流」茶道が根付いていく中で、茶会に用いられた和菓子の文化も同時に発展していきました。

そのため松江市内には今でも多くの老舗和菓子店が存在し、茶の湯を楽しむ文化が色濃く受け継がれています。
改まったお茶席で和菓子をいただくだけでなく、日常生活の中でも気軽にゆったりとお茶を飲みながら、和菓子をいただく習慣があります。

色とりどりの美しさ、上品で奥ゆかしい甘さ。
芸術品ともいえる松江の和菓子の数々を、ぜひ味わってください。

「不昧公好み」三大銘菓

不昧公が特にお好みであったとされる「若草」「山川」「菜種の里」は三大銘菓とされており、複数の和菓子店で当時の味を再現しつつ、独自のお菓子として販売されています。

このほかにも、じょうよう饅頭、落雁、練りきり、錦玉羹など、多くの種類の美しい和菓子があります。
ショーケースに色とりどりの和菓子が並ぶ様子は、和菓子処松江ならではの情緒ある風景です。

三大銘菓「若草」

四季折々の味を贈る

和菓子の魅力のひとつに、春夏秋冬の移り変わりをお菓子を通じて表現できる点があります。

春は桜、夏は涼し気な羊羹、秋は柚子や栗、冬は正月の迎春用菓子と、季節限定で販売される銘菓も多く、四季折々の風物詩として楽しむことができます。

ちょっとした手土産や贈り物を選ぶ際も、その時期ならではの季節の和菓子を選べば、贈り手の豊かな心を表現することができ、相手に喜ばれるでしょう。

桜餅と抹茶

トップへ戻る